レインボー・イニシアティブについて



人文学部英語英米文学科3年次生 清水 竜也  

 私の名前は清水竜也です。東京出身の日本人男性です。私はカピオラニ短期大学を卒業して四年間ハワイに住んでいました。次の松山大学前期から三年生になります。

 私はこのレインボー・イニシアティブという留学と日本の大学卒業の両方が短期間に実現できる画期的なプログラムに心から感謝しております。ハワイ大学のカピオラニ短期大学で二年間学び、準学士号を得て帰国後、愛媛の松山大学に編入し専門分野に進みました。そして学士号を所得し、国際分野で活躍できる能力を備えた社会人として希望する職業につくことを目指しています。では、編入後の松山大学での学業生活を振り返っていきたいと思います。

 私はレインボー・イニシアティブ奨学生として愛媛県の松山市に2010年の九月から住み始めました。私は英語を習得していく上で重要な意見や反応を私のEICのクラスメイト達と教授から受けました。例えば、私はクラスメイトの英語習得方法を手助けしたり、自分自身を教える先生側の視点に置いたりしました。そしてこの経験は私を人間的に成長させてくれました。私は単に生徒側の視点だけでカピオラニ短期大学から教養を学びました。しかしながら、私は松山大学人文学部英語英米文学科のクラスメイト達と教授達と共に人間的成長を育んできています。私はこのことが私の個人的経験による、カピオラニ短期大学と松山大学の前向きな相違と認識しました。

 私の人英のクラスメイト達によると、ほとんどの彼、彼女達は英語で人々と交流したい、そして新しい世界を発見したいと、それはまさに彼、彼女達自身を英語圏の世界に浸らせること、外国の人達を理解することにつながります。したがって、レインボー・イニシアティブは違う国々からの人々と交流することや文化的な違いを共有する機会をもっと手に入れたい生徒達を援助するでしょう。

 また、私はアメリカの文化を知ることはさらに自国、日本の文化について知ることだと気付きました。日本人として、私は日本語を学びたい人々に日本の文化について話すべきです。実際、それは私達の人間関係を深める良いことであり、お互いの誤解を避けます。円滑に文化を理解する為には、私は両方、英語と日本語の言語能力を向上させていきたいです。

 私はレインボー・イニシアティブのおかげで、ハワイのカピオラニ短期大学で有意義な経験ができました。そして愛媛の松山大学で英語コミュニケーション能力を習っていきます。たしかに、このプログラムは私の視野を格段に広げ続けていくでしょう。さらには、私に明確な判断力を与えてくれて、私は松山大学卒業後、将来の職業として英語関連の会社に働くことを決心できます。私はレインボー・イニシアティブが全ての生徒達にとって、高みと達成を目指して努力する素晴らしい機会を与えてくれることを信じております。


Tatsuya Shimizu  
The Rainbow Initiative  
Comments on the Rainbow Initiative

I am Tatsuya Shimizu from Tokyo, Japan. I graduated from Kapi’olani Community College and lived in Hawaii for a total of four years. In April, at the start of the next academic year, I will turn to be a junior at Matsuyama University. I truly appreciate the Rainbow Initiative Program, which is designed for those who have a dream of studying abroad, transferring to Matsuyama University, and finding a good job based on strong English proficiency and an international credential. I would like to provide a reflection on my life at Matsuyama University after transferring from Kapi’olani Community College.

I began to live in Matsuyama, Ehime Prefecture in September, 2010 as a Matsuyama University scholar. I received important feedback on studying English from my English for International Communication classmates and my professor. For instance, my professor told me that I could assist my classmates with their studies and by doing so, see things from the teacher`s perspective, and this experience made me more mature. So, while I was approached education from a student`s perspective at Kapi`olani Community College, I have been cultivating my personal growth with my classmates and professors of English at Matsuyama University. I have recognized that this is a part of a positive translation for me from Kapi`olani Community College to Matsuyama University.

According to my classmates in the English department, most want to communicate with people by speaking English and discover a new world; that is, they want to immerse themselves into the English speaking world and understand foreign people. Consequently, the Rainbow Initiative Program would support students who want to have more opportunities for communicating and sharing cultural difference with people from other countries.

Also, I realized that to know American culture means to know more about Japanese culture. As a Japanese, I should talk about Japanese culture to people who want to learn more about Japan. As a matter of fact, this is a good thing to make our relationship better and avoid misunderstanding each other. In order to understand other cultures smoothly, I would like to develop both my English and Japanese language skills.

Again, thanks to the Rainbow Initiative program, I had a very worthwhile experience at Kapi`olani Commnuity College in Hawaii and have been improving my English communication skills at Matsuyama University in Ehime as well. In fact, this experience will continue to broaden my outlook remarkably. Moreover, it has given me a clear idea about my career path in the future, and I have decided to work at an English language-related company after graduating from Matsuyama University. I firmly believe that the Rainbow Initiative Program will provide a great opportunity for all students to strive for the highest and achieve great things in their lives.

 
   
     
 -松山大学人文学部-
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL (089)925-7111(代表)
E-Mail: