辻祥子 教授  - Shoko Tsuji -
[略歴と自己紹介]
 出身は京都府宇治市(観光名所として平等院、黄檗山万福寺、醍醐寺)。神戸大学文学部からお茶の水女子大学大学院に進学。1997年同大学院人間文化研究科博士課程(比較文化学)単位取得。趣味はピアノを少しだけ。家族は夫と小学生の息子。
[研究分野と現在の研究課題]
 アメリカ19世紀の文学と歴史を研究中です。1820年以降、イギリスとの戦争も一段落したアメリカは、本格的に国土を広げ発展していきました。多くの白人が、国家の掲げる自由と平等の原則を信じ、この国の無限の可能性に胸を高鳴らせて西へ西へと移動したのです。一方でその栄光の裏には、先住民の虐殺や強制移住、黒人奴隷制といった、もう一つの暗い歴史がありました。鋭い洞察力を持っていた当時の白人男性作家ナサニエル・ホーソーン、ハーマン・メルヴィルや、白人女性作家(かつ社会改革家)リディア・マリア・チャイルド、ハリエット・マーティノーは、当時の現実をどのように見つめ、それを文学作品の中にどのように表現しているのでしょうか。将来的には、研究対象を先住民や黒人の血を引く作家にも広げて、このテーマの研究を深めたいと思います。
[ゼミ紹介]
 現代アメリカが抱える様々な問題―内政なら経済格差や人種・民族間の差別意識、外交なら中東やアジアとの関係―を、取りあげます。テーマを決めてディスカッションをしたりスピーチを発表したりすることで、論理的に物事を考え、他人に伝えることができる、いわゆるコミュニケーション能力を高めてもらいます。
 
           
         
   
       
 -松山大学人文学部-
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL (089)925-7111(代表)
E-Mail: