英語英米文学科では、専門領域が英米文学・英米文化・英語学(言語学)・英語教育学の4つ用意されています。また、3年次には全員が、文学・文化コースか語学・教育学コースに属することになります。
 

作品を通して、作者の人間観や世界観、またその社会や時代が見えてきます。英米文化の深い理解に、文学研究は欠かせません。

文学はまた、文化の一部です。より広い文化現象を対象とした学問です。
皆さんが好きな英語という言語を、科学的に分析解明しようとする学問です。文法規則を覚える退屈な勉強ではありません。
英語の教え方を研究する学問であり、英語の先生になることを考えている人には一番気になる専門領域です。
     
   
  「英米の小説は勿論、小説そのものをあまり読まないな」、「どうも文法は苦手だ」
こんなことを思っている人が多いかもしれません。しかし、心配はいりません。カリキュラムが次のような基本方針で編成されているので、流れにそって進んでゆけばよいのです。

・どの学年でも、またどの科目においても、常に英語力の向上を図る。
・最初の2年間で、4領域に関する基礎知識を習得する。
・後半の2年間で、いずれかの領域を中心に更に理解を深める。

 とにかく、それぞれの領域の面白さを知ってほしい。私達はそう考えています。面白さを知ってもらうために、私達は努力を惜しみません。
 
   
   このような各専門分野に関する知識や技能を身につけるために、また高度な実用英語運用能力を身につけるためには、英語の基礎がしっかりしていなければなりません。英語基礎力を身につけるために、ネイティブスピーカーの先生の授業が3年次まで必修のかたちであります。
 そしてコンピュータを使った英語学習プログラム(CALL)が必修科目として用意されています。これは、オンラインで提供されるTOEIC対策形式の問題を、一定期間内の好きな時間に自分のペースで解き、実際にTOEICを受験して学習の成果を確認するというまったく新しいタイプの科目です。決して楽なカリキュラムではありませんが、着実に英語力を身につけていくことが出来るようなカリキュラムになっています。
 
 
   
     
 -松山大学人文学部-
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL (089)925-7111(代表)
E-Mail: