金 菊熙 准教授  - Kukhee Kim -
[略歴と自己紹介]
東京大学大学院 総合文化研究科 言語情報科学専攻 博士課程修了 博士(学術)

韓国全羅南道生まれ。小学校1年生の冬にソウルに移り、大学を卒業するまでの十数年間暮らしました。 来日後は、東京で10年、島根県松江市で6年間過ごし、2011年の春、いよいよ松山に来ました!

特に『趣味』と言えるようなものはありません。『好き』と言えるものより、苦手なものの方が多いような...。 なかでも運動とか、体を動かすことは、大の苦手です(深刻な運動不足で、自分でもそろそろ「やばい」という自覚はありますが、なかなか…)。
[研究分野と現在の研究課題]
第2(L2)言語習得、L2音声の知覚と生成の関係


 大人になってから第2言語(外国語)を学ぶ際の特徴として、母語の影響ともみられる「外国人訛り」が挙げられます。私の研究テーマは、大人になってから母語以外の言語を学ぶ際、特にL2音声習得における知覚と生成のメカニズムおよび知覚と生成の関係について調べることです。私自身、普段の生活ではL2である日本語でコミュニケーションをとることが多く、一人の日本語学習者として、自分の学習経験から様々な疑問を抱き、この分野について興味を持つようになりました。
 第2言語の習得への道は、単に文法や単語の知識を得ることでは十分とは言えず、ターゲット言語をめぐる社会的・心理的・認知的な諸要因が複雑に絡んでいる、まるで迷路のようなものであると考えています。そしてその出口は簡単に見つかりそうで見つからないものでもありますが、迷路の中を探検するのも結構楽しい、と思います!
 
 
           
         
   
     
 
 -松山大学人文学部-
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL (089)925-7111(代表)
E-Mail: