水上 英徳 教授  - Hidenori Mizukami -
[略歴と自己紹介]
 北陸の福井で生まれ育ち、大学は東北、仙台。その後、九州、大分の県立短大を経て、2009年度より松山大学で働いています。その他、私の詳細(?)は、次のウェブサイトをご覧ください。随時、更新中です。
水上研究室 - mizukami-lab. 
[研究分野と現在の研究課題]
 社会学の学説研究・理論研究が専門です。とくに、ドイツのユルゲン・ハーバーマスやアクセル・ホネットら、フランクフルト学派と呼ばれる研究者集団の社会理論・社会思想を研究しています。また、農村を中心に地域づくりの現場見学(フィールドワーク)にも従事してきました。最近は、「承認」をキーワードに現代社会と現代的人間のあり方について研究を進めています。私たちの社会生活は何らかのかたちで互いに相手を認め合うなかで営まれていますが、この承認が現代社会においてどのように行われ、そこにはどんな問題が生じているのかを考えています。
 
           
         
   
     
     
 -松山大学人文学部-
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL (089)925-7111(代表)
E-Mail: