永野 武 教授  - Takeshi Nagano -
[略歴と自己紹介]
  1963 年神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程社会科学研究科(社会学専攻)修了。中学では軟式野球(内野手)、高校では陸上競技(跳躍種目)に明け暮れました。さらに、大学入学時の「ちょっとした気の迷い」から、 4 年間も空手道に漬かってしまいました。「明確なルールと公正な判定」には親しみをもっていますが、「体育会系のノリ」は、どうにも肌に合いません
[研究分野と現在の研究課題]
  「民族って何だろうか?」とか「なぜ民族問題や民族紛争が発生するのだろうか?」といったことを研究分野としています。実は,民族をどのように定義するかという出発点からして学問の世界でも現実世界の中でも,多種多様な定義が氾濫しているのです。そして,民族問題が生じるひとつの要因が,この定義をめぐる争いでもあるのです。民族問題が存在するという意味で,「世界の仲間入り」(国際化)が進んできている日本社会を主要な研究対象としています。最近は,「何を」よりは,「どのようにして研究していくべきか」の整理を研究課題としています。
 
           
         
   
     
     
 -松山大学人文学部-
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL (089)925-7111(代表)
E-Mail: