中谷 陽明 教授 - Youmei Nakatani -
[略歴と自己紹介]
生まれ育ちは、兵庫県です。松山は両親の出身地で、幼い頃数年間清水町で過ごしました(御幸キャンパスがまだ松田池だったころ)。関西の大学の社会学科社会福祉専攻を経て、ハワイ大学のソーシャルワーク専門職大学院を終了後、関東地方で、公立の高齢分野の研究所に10年間、女子大学に16年間勤務しました。大学教員としては、社会福祉士の養成課程を担当し、保健医療機関および高齢者福祉施設・機関への実習指導に従事していました。学生時代は体育会のテニス小僧でしたが、今や見る影もありません。
[研究分野と現在の研究課題]
研究分野は、社会福祉学およびジェロントロジー(老年学)です。研究所時代には、要介護高齢者の家族介護者の負担および対処、施設・在宅介護サービスの評価、高齢者施設職員のストレス、高齢者へのケアマネジメント、児童の老人観、認知症高齢者への回想法、急性期病院における退院計画などの研究課題に、いわれるがままに手当たり次第従事していました。さらに大学教員時代は、社会福祉士の養成システムに関する研究課題にも関わりました。世界に例のないスピードで少子高齢化が進展するわが国においては、幸か不幸か、ソーシャルワーカー(社会福祉士)の働きを必要とする状況が増えつつあります。そういったニーズに応える力量を持ったソーシャルワーカーを、どのようにすれば育成できるかを考えています。
 
           
         
   
     
     
 -松山大学人文学部-
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL (089)925-7111(代表)
E-Mail: